前へ
次へ

健康食は食品の組み合わせでつくれる

健康食と聞くと、単体で食べるだけでコレステロール値を下げてくれたり、血圧を下げてくれたりするスーパー食品のような気がしますが、そういうわけでもありません。
もちろん単体でとても高い栄養価を持つ食品もありますが、不健康を予防できる健康食は食品の組み合わせでつくれるのです。
食べ合わせの良しあしは昔からいろいろとありますが、中には栄養効果を2~3倍に高めることができる組み合わせもちゃんとあります。
人は毎日いろいろな食品をバランスよく食べなければいけませんから、どうせ食べるなら上手な組み合わせを知りましょう。
例えば血圧が高めで悩んでいるなら、抗酸化作用をもつビタミン類をもつ食品とポリフェノールの組み合わせが効果的です。
具体的には、ブロッコリーやトマトが抗酸化ビタミンをもつ食品で、ごぼうやたまねぎがポリフェノールを多くもつ食品です。
だからトマトと玉ねぎを組み合わせたトマトソースを作れば、それだけで血圧によい影響のある健康食になります。
またひとつの料理にしなくても、食卓に焼き鮭と納豆を並べれば、DFA・EPAと大豆イソフラボンの組み合わせでコレステロール低下が期待できる健康食になります。
このようにメニューの組み合わせで健康はつくれますから、是非いろいろな組み合わせを学びましょう。

Page Top