前へ
次へ

世界5大健康食品とはどんな物か

世界5大健康食品という言葉を知っていますか。
2006年に米国の健康専門誌が提唱した言葉で、現在でも多くの健康食品を愛する人に知られています。
第一に最も有名なのはギリシャのヨーグルトです。
乳酸菌の働きによって、腸内活動によい影響をもたらして健康的で疲れにくい身体作りを実行できるといいます。
また、アレルギー反応を低減させる機能や、腸内ホルモンの分泌にも役立つ成分が豊富です。
それ以外ではオリーブオイルも入っています。
酸化しにくいオイルで、体内の抗酸化作用に強く影響を及ぼすといわれており、高齢者にも優しい血管の健康効果が期待出来るといわれている成分が豊富です。
食べすぎを防いでくれるオレイン酸が豊富に含まれているため、健康と美容を期待する人に最適といえるでしょう。
日本の大豆も入っています。
たんぱく質が豊富で発酵させるとグルタミン酸が豊富になることや、コリンと呼ばれる成分が入っており、脳の働きによい影響を及ぼすことが期待されています。
韓国のキムチやインドのレンズマメなども含まれており、定期的に取ることで健康効果が期待出来るといわれるため、参考にしてください。

Page Top