前へ
次へ

ご飯の状態によって健康食に変化

日本人に最もなじみのある食品としてはお米がありご飯があるでしょう。
古くから稲作が行われていて主食として食べられてきました。
今は各地で品種改良が進められていて、より美味しいお米の生産がされるようになっています。
その一方で米の消費量自体は減少傾向にあるとされ、その一つにはお米離れがあるのかもしれません。
パンや麺類等の利用の他、ご飯は炭水化物だからと摂取を控える人が増えています。
ご飯は炭水化物が多く含まれていて、生活する上でのエネルギーが補給できる点で健康食と言えます。
ただ過剰に食べると余った分が脂肪として蓄積され肥満になりやすいとされます。
また血糖値を上昇させやすいために注意も必要とされています。
ただご飯の状態によって性質が変わることも知っておかないといけません。
熱々のご飯は血糖値を上げやすいとされていますが、一定温度以下だと血糖値に影響しにくい健康食となります。
食物繊維も豊富なので、整腸作用も期待できる食品と言えるでしょう。

Page Top